【iPhoneXR】画面交換&水没修理を承れるようになりました

皆様、こんにちは!

今日取手は30度超えるそうですよ〜。

どうなることやら。

なんだか最近はもう歳なのか、Tシャツワンピみたいなゆるーい服しか着たくないです。

暑くてベタベタするのも苦手。

仕事以外のいろいろなことが、どんどん億劫になっている今日この頃です。


さて、実はこっそりiPhoneXRの画面交換を始めておりました。

XRの画面の価格がだいぶ落ち着いてきたので、5月末に液晶純正パネルを購入してみました。

まずは、色味や明るさをじっくりと点検。


液晶純正パネルの品質チェックは、いつも、オリジナルのパネルを付けた端末を横において、見比べる方法を取ります。

私たちの目視で、オリジナルと変わらなければ合格。

見た目が合格であれば、タッチの感度をチェック。

今回は、純正と比べても「これなら問題なし」という水準でした^^

ひと安心。

次に、TrueToneが移植できるかを点検します。

iPhone8以降の機種は、TrueToneを移植する必要があります。


TrueToneを移植中。

この移植機はブログ初登場かな!?

この移植機は2台目。

iPhoneXまでは初代移植機(緑のやつ)でいけるのですが、XS・XR・XS Maxは2代目移植機(写真のもの)が必要になります。

これ書いていて思ったんですけど、11の画面交換やるなら、また新しい3代目移植機買わなきゃ〜。

また金かかるし、めんど。笑


11の画面交換なんてまだまだ先の話なので、話題をXRに戻します!

TrueToneは問題なく移植できることが確認できました。

写真、しっかり移植できてますね。


これで画面の点検は完了!

iPhoneXRの画面交換を承ることができるようになりました^^

ただ、iPhoneXRは、今のところ、コピーパネルの取り扱いはせず、液晶純正パネルのみです。

iPhoneXRのコピーパネルは、液晶純正パネルと比べて、原価があまり安くなかったというか、価格差があまりなかったので、取り扱うメリットを感じなかったため、とりあえず、液晶純正パネルのみの取り扱いに致しました。

料金の詳細は、メニュー表でのご確認をお願い致します。

それと、画面交換が出来るようになったので、XRの水没修理も承れるようになりました。

これから夏に向けて、水没修理の多くなる季節ですので、今年の夏に間に合ってよかったです^^

iPhoneXRの修理自体は、以前から技術研修でも教えているくらいなので、十分技術的には可能でした。

ただ、修理という分野、特に画面交換においては「出来るかどうか」と「お金をいただくかどうか」は、全く別の話です。

パーツの質もそうですし、安全性も考慮する必要があります。

ですのでうちは、他の店舗に比べて、新しい機種を取り扱うのが非常に遅いです。

iPhoneSE2は別として、iPhone11が最新、というか、もうすぐ12が出る時期に、やっとXRの画面交換を承るのは、かなり遅いと思います。

うちは修理に関しては、かなり保守的で、日本人らしいといえば日本人らしい、非常に遅いビジネス展開かもしれません。

でも、私はそれでいいと思っています。

何故なら、アグレッシブに新しいものを追い求めて行くよりも、古いものをしっかりと直すことに重きをおいているからです。

それが「良いものを適正価格で」という経営理念を守る方法でもあるし、お客様との信頼関係をガッチリ作っていく最善策でもあります。

修理に関しては、発売直後に購入して2〜3年使って乗り換えるような方ではなく、発売後1〜2年ほど経過してから安く購入し、その後5年ほど使うような方をお客様像として想定しています。


ということで、今日も頑張るぞー!

これからiPhone6の画面交換をしますので、また^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA