【流山市から】【iPhoneXR】他店で修理後、画面が割れた上、映らなくなった修理

記事内のフロントパネルの名称表記について

【2021年3月15日更新】

記事内に登場します液晶純正パネルは、現在、液晶再生パネルに表記を変更しております。
あらかじめご理解の上、読み進めて頂けますと幸いでございます。
なお、名称を変更しただけで、パネル自体に変化はありません。

みなさん、こんにちは!

少しずつ暖かくなってきましたね。

私は、今年の冬は1着も洋服を買いませんでした(°д°)

元々そんなに沢山買う方ではありませんが、それでも、普段はワンシーズン5着くらいは買います。

今年は全く出掛けないですし、お洒落する気にもならず、ブクブク太ってたので、本当に1着も買わなかった。

ユニクロでインナー用のタートルネックを買ったくらいかな。

このところ「アパレル不況」みたいなニュースをよく見ますが、私みたいな人、めっちゃ多いんでしょうね〜。

早く何でもない世の中になって、素敵なワンピースでも着て、出掛けたいものですね。


さて、本題に参りましょう。

最近、iPhoneXRの反響が多く届いていますので、今日は久しぶりにiPhoneXRいきます。

今回のお客様は、千葉県流山市からお越しくださいました^^

ご来店誠に有難うございました!

画面が映らなくなってしまったので、直るどうか見てほしい


と直接、端末をお持ち込み頂きました。


お客様のお言葉通り、全く映りませんでした。

ただ、着信音などは鳴っているということだったので、フロントパネルの液晶故障だと判断し、画面交換致しました。

どうしてこの程度の割れで、画面が映らない事態に陥ってしまったのかというとですね、コピーパネルだったからです。

コピーパネルはどうしても耐久性が落ちるので、液晶が壊れやすいという特徴があります。

ひとつ面白い話をしましょう。

私や千葉のみならず、ある程度の期間この仕事に携わっている技術者の方はそうだと思うんですが、今回お持ち込みいただいた画面の液晶画面が映らなくても、このパネルが「純正ではない」「画面交換されている」ものであることは分かります。

どこで判断しているのかというと、ガラスの色です。

下記の画像をご覧ください。

左がオリジナルの純正パネル、右が今回のコピーパネルです。

違い、分かりますかね?

この写真を見て、私たちが違和感を覚えるところは、この赤い部分。

コピーの方は、黒の色が不自然です。

もっというと、黒い部分と液晶部分の境目が不自然。

これが判別できるようになると、ネットでも、まず、変な画面が付いているものを掴んでしまうことがありません。

私たちは「修理しているかどうか」を、液晶の色合いも見ますが、どちらかというと、ガラスの色で判断しています。

これは、再生パネルでも同じです。

再生パネルもコピーパネル同様、ガラスの色が不自然なパネルがありますので、これで修理しているかどうか判断できます。

当然、ガラスの色が不自然なパネルは、当社の液晶純正パネルとしては不合格ですので、お客様にはお出ししておりません。

ただ、一般の方は、ここまで見分けるのは難しいかもしれません。

でも、知識がないから見分けられないだけで、意識して色々見てみると、分かるようになるかもしれません。

今回も、お客様が「映らなくなってしまったんです」とご来店くださり、端末をパッと見た時点で「コピーパネルの液晶故障だろうな」と予想しまして、「どこか非正規店で画面交換したことありますか?」と尋ねたところ、「ある」と仰ったので、それで確信して、修理に入りました。


予想通り、コピーパネルの液晶故障だったので、画面交換して直りました。



「前回の修理後、TrueToneが無くなった」とのことだったので、サービスで修復致しました。


それと、保護ケースを使用していないようだったので、今後もう壊さないために、当社で販売している保護ケースを差し上げました。

当社で販売しているケースの特徴は、

・四角が守られている

・素材が柔らかいので、衝撃を吸収する

・コスパがいい

交換したパネルには、強化ガラスをお付けしましたので、全面しっかりと守る体制ができました。

これで、格段に壊れにくくなりました。

iPhoneを末永く良い状態でお使いいただくためには、「正しく修理する」ということも勿論大切ですが、ユーザーが「正しく使う」ということも非常に大切です。

そのため当社では、正しく使うためのアドバイスや、強化ガラス貼付や保護ケースのサービスなどを行うことで、ご修理後にお客様が正しく使うための補助をしております。

どんなに良い部材を使ったところで、ユーザーが正しく使わない場合は、壊れやすくなってしまいます。

ですので、ご修理後は”正しく使う”ことを、普段からちゃんと意識していただくようお願いしております。

今回のご修理は、iPhoneXRのコピーパネルの液晶故障→液晶純正パネルへの交換で、19,990円(税込)、TrueToneの修復は無料サービスでした。

お客様には「綺麗に直してくれて有難うございました!見違えました!」と、大変喜んでいただきました^^

お客様、ご利用誠にありがとうございました(^^)♪

今日は、もう少し、XRの画面交換の話を掘り下げます。

理由は、先日こんな出来事があったからです。

当社へ「以前そちらで修理してもらった者ですが、娘が画面を割ってしまったので直して欲しいです。」というご依頼がありました。

その端末を拝見したところ、iPhoneXRのガラスが割れておりました。

私は「iPhoneXRの画面交換は、ご修理料金が結構高額になってしまいまして、税込16,990円です」というご案内を致しました。

当社では、iPhoneXRだけはコピーパネルをご用意しておらず、液晶純正パネルの取扱しか無いため、修理料金が高いんですね。(2021年5月現在は、コピーパネルの取扱をしております。)

どうしてXRのコピーパネルは用意していないかというと、XRのコピーパネル自体がそんなに安くないため、どちらにしてもそんなに安くお出しできないためです。

それでも、数を回せれば薄利多売してもいいんですが、そもそも依頼もあまりない(最近すこーし増えましたが)です。

現在の当社のメイン修理は、iPhone7・8・Xなので、XRは「正規店に依頼すると修理代金が高額だけど、ちゃんと直したい」という方向けに、パネルを準備しています。

主に、今回ご紹介のお客様のように「他店でコピーをつけられて故障した」「品質に満足できない」という方向けです。

冒頭の会話に戻りますが、私が修理料金をご案内したところ、ご来店の方は「えー!たかーい!!!」という、非常に驚いたリアクションをされました。

チラっと聞いたところによると、前回の当社での修理は、iPhone6のガラス割れ修理でコピーパネルを選ばれたらしく、その時の修理代が5,990円だったので、そのくらいのイメージでご来店されたみたいです。

そのため、想像の倍以上の料金で、かなり驚かれたようでした。

もちろん、何故その価格なのか?をご説明致しましたが、もう修理する気は無い様子でしたので、私は「他にもっと安くやってもらえるところがあるかもしれないので、他を探してはいかがですか?」と申し上げました。

取手駅や柏駅、つくば市にも多数の非正規修理店が存在しておりますので、「そちらに行かれたらどうですか?」というご提案を致しました。

「他も同じような価格なんですかね?」と聞かれたのですが、私に知識がなかったので、その場で、近場の修理店の料金を何件か調べてあげたのですが、安いところで税込10,000円くらい、高いところで15,000円くらいでした。

ほとんどの店舗がコピーパネルを使用しているようです。

ただ、今日言いたいのは、お客様に黙ってコピーパネルを取り付けていることではありません。


私は時々、この仕事をしていて、どうしようもない悔しさや悲しみに襲われることがあります。

「どんなに良いものを出しても、価値の分からない人には、ただ”高い”と思われて終わる」ということに。

私は、別に当社を利用していただかなくてもいいと思っています。

いや、利用していただいたら有難いんですが、利用していただかなくても、それはお客様の都合や好みもあると思うので、仕方のないことだからです。

ただし、せめて”品質が違うから料金が違う”ということだけは、理解してほしいという想いがあります。

理解された上で、他のお店を利用される分には、悔しくも悲しくも何ともありません。

ただ、単純に価格だけを比べられて「この店高っ!」と言われ、他の店に行き「この店は安くていいわ〜」と思われるのだけは、本当に悔しいです。

でも私は、だからと言って、諦めるわけでも、営業方法を変えるわけでもありません。

今後も、少しでも多くの方に理解して頂けるように、最大限力を尽くしていくつもりです。

諦めない、やり方を変えない、だからこそ余計悲しい。

そんな感じです。

これはもう、この仕事を始めてからずっと持っている感情です。

いまだに度々この感情が起こりますが、なんとか折り合いをつけています。

この仕事を続けている限り、今後この感情が無くなる日は、永遠にないと思います。

しかし、だからこそ、私が続けていく意義があるのかもしれません。

一方で、私には「品質を落として安くやることも必要」という正反対の想いもあります。

なぜ、当社がコピーパネルを取り扱っているのかというと、需要があるからです。

この世の中は、価値が分かる人だけで回っているわけではありませんし、たとえ価値が分かったとしても「とは言えそんなにお金を払いたくない」というお声もあります。

私は、こういうユーザーの需要に応えることも、業者の使命だと思っています。

修理業者として、ただ単純に品質だけを追い求め、それに見合った料金を請求して払ってもらえれば、こんな理想的なことはないです。

しかし、では、果たして、それがみんなが望んでいることなのか?と言えば、必ずしもそうだとは言い切れません。

どんなに品質が良くても、払う価値があると感じてもらえなければ売上には繋がりませんし、価値を感じてもらえても、実際に払える価格でないと売れません。

そういう意味では、コピーパネルを勝手に取り付け、安価に修理している粗悪店も、社会に対して一定の存在意義があるのだと、私は思います。

粗悪店を「粗悪店だ!」と断罪するのは簡単ですが、一定の需要がある以上、社会の役には立っています。

上述のお客様にとっては、当社よりも、10,000円で黙ってコピーパネルを取り付ける店の方が「良い店だ」と思うのでしょう。

技術者として、社長として、それは悔しいことですが、それもまた現実です。

繰り返しにはなりますが、私は自分の強い意思や独自の考えの元、会社を経営しておりますので、世間の意見に迎合する気は全くありません。

当社がお気に召さなければ、ご利用頂かなくて構わないと思っています。

しかし、需要が無ければ、続けてはいけません。

また、”世間の需要を満たす”ということもまた、店舗運営している者の責務だとも思っています。

ですので、そこは冷静に、自分のこだわりと世の中の需要のバランスを取るように、心掛けてはいます。

しかし、そうやって折り合いをつけようとするからこそ、悲しくも虚しくもなるんだと思います。

でもこれは、職業上、どうしようもないことではあります。

昔映画でありましたが、まさに「冷静と情熱の間」という感じです。


会社経営は、綺麗事だけでやってはいけませんが、だからと言って、綺麗事を捨ててしまったら、応援してくださる方はいなくなってしまいます。

そうなると、無用な価格競争に巻き込まれ、結局、安売りだけの店に負けてしまいます。

会社経営には、一種の理想論が必要だと、私は思っています。

会社側、お客様側両方が理想を追い求めることによって、サービスが磨かれ、成長していくものだと思うからです。

ですので私は、常に理想と現実の狭間で揺れ動いています。

理想に向かいすぎたら少し現実に戻して、現実が辛くなったら理想に逃げる、みたいな。笑

最近は、この”バランスを取る”ことが、唯一、私の社長としての仕事なのかなという気がしています。

iPhoneXRの画面の話から色々と脱線はしてしまいましたが、今日言いたかったことは「ただ高いと叫ばれたら、悲しい」ということでした。笑

そして、私は自由にやっているように見えるかもしれませんが、実際は、理想と現実の間を行ったり来たりして、日々もがいています。

ただ、もがいているのは挑戦している証だとも思うので、決して悪いことだとは思いません。

しかし、苦しくはあります。

では、寒暖差が激しいので、みなさまご自愛くださいね〜。