元のパネルが無くてもTrue Toneを復活させられるようになる

ついこの間、懇意にしている業者の方から「8以降のタッチパネルを交換時、消失してしまうTrueToneの機能を復活させることができる機器が入荷するよ〜」という連絡をいただきました。

私としては、非常にビックリ!

しかも、嬉しいビックリ!


iPhone8以降の機種は、コピーパネルに交換、もしくはパネル交換後にTrue Toneを書き換えてあげる工程を取らないと、画面交換後にTrue Toneが消失するという状態になります。

今は減りましたが、後楽園店をオープンした直後は随分「True Toneを復活させられないか?」というお問い合わせを頂いたものです。

今までは元のフロントパネルが無いと、一度消失したTrue Toneというのは再度新しいオリジナル画面に交換しても復活させることはできませんでした。


TrueToneというのは、元々取り付けてあるパネルと基盤が紐づいている上、TrueToneを司るチップが画面側にあるみたいです。

そのため、元々のオリジナルに入っている情報を新しい画面に書き換えてあげないと機能が無くなるという仕様のようです。

コピーパネルにはTrueToneを司るチップが入っていないので、そもそも書き込みもできないそうです。

ただ、これは余談ではありますが、一部書き込みのできるコピーパネルも今は存在しているみたいです。

今までは元々のパネルが無いと復活できなかったTrue Toneですが、冒頭でも触れたように、なんと!元のパネルが無くても復活させられる機器を仕入れました。

実際に試してみました。


作業前、True Toneは消えています。



修復作業後・・・


おぉ〜!!!

復活している。

というか、皆さんはTrue Toneがコントロールセンターから見られるのご存知でしたか?

私は初めて知りました。


念のため、設定から見てみましょう。

おぉ〜。

あるある。

すげ〜。

メーカー・正規店側の品質・技術はどんどん進化していきますが、民間の修理店側の技術も日進月歩ですね〜。

ただ、なんでもかんでもTrueToneを復活させることができるわけではありませんので、その点はご注意ください。

TrueTone修復には条件があります。

詳細は、下記ページよりご確認をお願い致します。


関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です