【iPhone8】コピーパネル→液晶純正パネルへ交換

記事内のフロントパネルの名称表記について

【2021年3月15日更新】

記事内に登場します液晶純正パネルは、現在、液晶再生パネルに表記を変更しております。
あらかじめご理解の上、読み進めて頂けますと幸いでございます。
なお、名称を変更しただけで、パネル自体に変化はありません。

先日、後楽園店にて承りましたご修理の事例をご紹介させていただきます。

本日のご修理はiPhone8です。

最近、後楽園店ではiPhone8の修理しかお受けしていないのではないかというほど、iPhone8ばかりご依頼を頂いております。

ありがとうございます。

本日ご紹介させていただくお客様におかれましても、ご利用誠にありがとうございました^^

今回は、前回の修理時に、勝手にコピーパネルが取り付けられていた事例となります。


では、今回のお客様の端末に取り付けてあった画面をお見せしますね。

左が純正のオリジナルパネル、右がお客様のコピーパネルです。

もちろん、明るさはどちらも同じで撮影しております。


今回のお客様は、以前、フロント画面のガラスを割ってしまい、地元の非正規店に画面交換に出したところ、この状態(もちろん割れてはいませんが)で返ってきたそうです。

今回はお客様に詳しいことはお伺いしなかったのですが、おそらく交換後すぐに「何か画面がおかしい」と感じ、ググったのではないかと思います。

そして、当社のホームページを発見し、自分がコピーパネルというものを取り付けられていると気づいたんだと思います。

修理直後はやはり修理代がもったいないとの思いがあり、それでも再修理はしないで我慢して使っていたところ、再度画面を割ってしまったことをきっかけに当社へお問い合わせをしてくださったのではないかと推測致しました。

ほとんどのお客様がその流れでお問い合わせしてくださるので、今回のお客様もこのような流れだったのではないかと思います。



今回のお客様の端末に取り付けてあったコピーパネルは、当社のコピーパネル に非常に似ておりました。

いつも言っておりますが、当社のコピーパネルなんて、世の中に存在するパネルとしては最低ランクです。

これを事前に何の説明もなくお客様のご了承も取らず勝手に取り付け、あげくTrueToneが知らぬ間に消失しているなんて、もう本当に粗悪店の見本のようだと感じました。

今回のお客様は、以前に画面交換してから、当社にて再度画面交換するまでに、非常に辛い想いをされたのではないかと思い、私自身も悲しい気持ちになりました。

私は人より感受性が強いところがあるので、人の辛さや悲しみに人一倍共感してしまいます。


ご修理後のお客様の端末はこちらです。

今回は許可をいただいて、撮影させていただきました。



画面交換後、端末をお返しする際に「元に戻った!」と非常に喜んで頂きました^^

当社が存在している意義を感じ、私自身も大変嬉しく思いました。

当社の画面交換修理において、液晶純正パネルをお選びになるお客様におかれましては、安心して修理をお任せいただければ幸いです。

今回のお客様もそうですし、他の多くのお客様もそうなんですが「あなたのところで直らないなら諦める」という全幅の信頼を持ってみなさんご修理を依頼してくださいます。

その気持ちというのは、個人的にはいつもひしひしと感じています。 


本日はこの辺で終わりにしたいと思います。

本日のご修理料金はiPhone8のコピーパネル→液晶純正パネル交換で、17,980円でした!

お客様、ご利用誠にありがとうございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA