【iPhone8】【他店で画面交換】コピーパネル、TrueTone消失、近接センサーが効かない+バッテリー交換

みなさま、こんにちは!

1週間に1回の更新を目指しているこのブログですが、このところ、運営している3つのホームページを大幅リニューアルしておりまして、それに没頭していたら、更新をすっかり忘れておりました。

https://iphone-terminal.com

https://iphone-syuri-kensyu.com

https://iphone-terminal-kaitori.com

私は、ホームページはすべて自分で作っているのですが、プロでもなんでもなくて、全て独学で製作しています。

そのため、カスタマイズ時は、本当にちょっとずつちょっとずつ、ググりながら作業するので、めっちゃ時間がかかります。

しかも、こだわりの強い性格なため、気になりだすと諦めることが出来ない太刀なので、こうなってくると、何十時間でも作業してしまいます。

今回は、1週間くらいやってました。(笑)

今週は、コーディング→修理→コーディング→商品発送→コーディング、という、空き時間はすべてコーディングに当てるという、とてもキツイ1週間を過ごしました。

今日ようやく全体的に完成しまして、ひと息つけました。

あと1週間ほどしたら、法人設立の申請に入るのですが、その前までに、どうしてもホームページのリニューアルを終わらせたかったので、なんとか間に合って良かった〜!

いやー、なんかもう考えることが多すぎて、頭がパンクしそうです。

私は、 “すべての事柄は順番が命”だと思っていまして、法人設立にあたり、”どうやって進めるのが1番得策なのか?”に日々頭を捻らせているので、最近は、コーディング漬けだったこともあって、頭が狂いそう。

そういう意味では、修理はもはや気分転換というか、趣味に近いですね。笑

あんまり仕事という感覚がないです、最近。

日々、修理をご依頼くださるお客様に、感謝感謝です。


ということで、コーディング漬けだった私に、とても意義のある修理をご依頼してくださったお客様の修理事例をご紹介します。

本日はiPhone8。

お客様、ご利用誠にありがとうございました^^

ご修理前に、以下のご相談をいただきました。

iPhone8を使っています。
1ヶ月ほど前に画面を割ったことで液晶が映らなくなってしまい、他店で画面交換をしてもらいました。
その際、”修理後にTrueToneが消失する”という説明は受けたのですが、互換パネル等の説明は受けませんでした。
修理後、画面が暗いことに気付き、ネット検索していたところ、貴店のホームページを見つけ、現在付いているパネルがコピーパネルであることを知りました。
しかし、修理料金がもったいなかったので、そのまま使っていたのですが、今日また落として割ってしまったので、今回再修理をお願いしたくご連絡致しました。
それとは別に、修理後に、いわゆる”近接センサー”が動いていないことに気付いたのですが、こちらも直るかどうか合わせて見ていただけませんでしょうか?

今回のお客様は、この記事をご覧になってからご来店くださったそうで、

ほぼ全く同じ症状だったので、話が早くて助かりました。

最近は、皆さん、当社ブログをご覧頂いてからご来店くださるので、長い説明を入れる必要がないので、本当に有難いです。

これもブログを続けてきた大きな利点です。


では、ひとつひとつ解説していきましょう。

まず、コピーパネルについて、から。

今回のお客様は「互換パネル等の説明は受けなかった」とのことですが、修理後にTrueToneが消失する説明は受けたとのことでした。

具体的な店舗名は聞いていないので実際には分かりませんが、この時のお客様と同じ系統の店舗だと感じました。

なんか言われたことが近いですよね。

「パネルが2種類ある」と言われて選ばされたが、そのどちらもコピーパネルだったり、”修理後にTrueToneが消えるかもしれない”など、曖昧なことを言われたり。

私は今はもう、他の店のことはあえて詳しく聞かないことにしておりますので、実際には不明ですけどね。

あくまでも私の体感です。


では、今回、お客様の端末に取り付けてあったパネルを見ていきましょう。



タッチの感度は悪くはありませんでしたが、輝度が足りず画質も荒く、非常にボヤっとしておりました。

何の説明も受けず、修理後にこれが戻ってきたら、人間不信に陥ると思いますね。

今回のお客様もとても悲しい思いをされたと思います。

では、当社でお付けした画面をお見せしますね。



輝度どうこう以前に、液晶のこの鮮明さが”iPhoneの証”です。

画面の品質は、元に戻りました。


では、次に近接センサーにいきましょう。

非正規店に画面交換修理に出したら、近接センサーが効かなくなったというのは、非常によくある故障です。

修理後の動作チェックが甘いんでしょうね。

今回の場合も、上記掲載のご修理事例同様、センサーケーブルの取り付け位置が微妙にずれておりました。


正しい位置に取り付けてあげたら、問題なく動くようになりました^^

これでTrueToneを復活させることが出来ることが判明しましたので、TrueTone修復の作業開始。





TrueToneも無事復旧しました!


ということで、お悩みは液晶純正パネルに交換したことですべて解決したのですが、実は、修理前にバッテリーについてもご相談いただいておりました。

「最近減りが早いと感じるので、交換したほうがいいか?」と。

今回のお客様の端末は、コピーパネルが取り付けてあったので、減りの早さがコピーパネルに起因している可能性があり、お客様としては、交換を悩まれているようでした。

私としても点検しないと判断できないので、”少し時間をください”と申し上げて、修理時間を長めにいただくことにして、バッテリーも、合わせて点検致しました。


まず、設定から見られる最大容量が76%表示。

(ちなみに、この写真は今回ご紹介の端末とは異なる端末です。参考資料として掲載しております。)

「著しく劣化している」と出ており、バッテリー自体も劣化している模様。


次に、当社のバッテリー測定アプリで点検してみます。

当社ではiPhone内の数値は大して当てにしておらず、このアプリに絶対的な信頼を置いています。

何故なら、iPhone内の”バッテリーの状態”表示は、必ずしも正しいとは限らないからです。

当社では、どんな端末でも、必ずご修理前・ご修理後と、当社アプリで最大容量を測定致します。

アプリで詳しく測定してみると、この端末は、”最大容量が74.8%、充電回数1,222回”ということが分かります。

バッテリーをしっかり使い込んでおり、劣化しているのが分かりますね。

今回は、アプリの最大容量とiPhone内の最大容量、両方とも概ね同様の数値でした。

ただ、この数値がアプリとiPhone内で大きく乖離していることもあるため、繰り返しになりますが、正しい状態を把握するために、私たちは必ずアプリチェックの工程を入れております。

また、この数値を見ることによって、お客様の端末の使い方も見えてきます。

そのため、この数値を元に、ご修理後に今後の使い方のアドバイスもしております。


今回はバッテリーが劣化していることが分かったので、バッテリー交換も行いまして、これでご修理完了となりました。

バッテリー点検に少し時間をかけましたので、ご修理時間は2時間程度頂きました。

ご修理後、お客様には「生まれ変わった!新品買ったみたい!」と、大変喜んでいただけました^^

私としても、感無量でした!

本日のご修理料金は、コピーパネルのガラス割れ→液晶純正パネルへの交換で14,990円(税込)、バッテリー交換で5,990円(税込)、近接センサーとTrueTone修復はサービスで無料、合計で20,980円(税込)でした。

iPhone8は、今はまだ、新しく中古端末を買い直すより、当社で修理した方が安いので、お客様としてもお得に感じていただけるのではないかと思います!

お客様、この度はご利用誠にありがとうございました^^


最後に、バッテリーについて、ひとことお伝えしておきます。

ここ2週間ほどでしょうか。

先ほどもご紹介しましたが、この記事に関する問い合わせが普段の数倍になっています。

内容は、そのすべてが「他店でバッテリー交換したのですが、減りが早い状態が全く改善しません。」

ご紹介のページ内にも記載しておりますが、これはほとんどの場合で、基盤故障で修理不可の状態だと思います。

私は、この故障は、本来であれば修理店側が基盤故障の判断をし、修理不可でお返ししなければいけない(点検費は頂いたとしても)とは思いますが、ただ、その対応については修理店側によりますので、私は何とも言えません。

この件でお問い合わせを頂いても、すでに他店でバッテリー交換をしてしまったものに関しては、私の方ではもう何もやりようがなく、せいぜい”修理店側と交渉して修理代金は返金してもらってはいかがですか?”というアドバイスしか出来ません。

それと、この問い合わせに関連して、”貴社では、どうやって”基盤故障”の点検を行っているのでしょうか?”という質問をされます。

正直、最初は”どうしてお客様でもない赤の他人に、私がいちいち教えなければいけないのか”という疑問は持ったのですが、質問を頂く機会が多いため、上記ページ内のQ&Aにお答えしておきました。


私たちは、すべての修理において、原則、自分たちの経験に基づいて判断しております。

個人店なので、大きな設備投資を出来るはずもないですし、現状、自分たちの経験則で判断できますので、その必要も感じていません。

iPhoneの故障症状は、機種によってある程度パターンが決まっていますので、ある程度経験を積めば、特別な機器等無くても判断できます。

最近、この記事に関する質問がとても多いので、触れておきました。

同様の疑問をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ご参考ください。


ということで、今日はここまで!

本日ご紹介させて頂いたお客様、改めまして、ご利用誠にありがとうございました^^

私はまた辛い辛い事務作業に戻るとします。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA