【iPhoneX】他店で画面交換したらTrueToneが消えた→コピーパネルだったが修復できた

皆さま、こんにちは!!

今日は1日凄まじい雨が降っていますね。

うちは不思議と雨が強ければ強いほど忙しくてですね(笑)、今日はなんだか朝からバタバタしておりました。

しかも、ご依頼やご相談が全部iPhoneXに関するもの。

急にiPhoneXの相談が激増したのですが、何かあったのでしょうか。

とはいえ、普段はまだまだ6Sなんかも主力機種。

改めて、iPhoneの利用範囲の広さに驚いております。


では、そんな相談が激増しているiPhoneXにおいて、興味深い修理を承りましたので、本日はこちらをご紹介させていただきます。

お客様、ご利用誠にありがとうございました^^

ご修理前に以下のご相談をいただきました。

iPhoneXを使っています。以前、画面のガラスを割ってしまい、他の非正規店に画面交換の修理に出しました。 画面交換後、TrueToneの表示が消えていることに気付いたので、修理した次の日に、修理店に「TrueToneが消えている」と電話したところ「TrueToneが消えることは修理前に説明しましたけど?うちはそういう店です」と言われてしまい、困ってしまいました。そこでネット検索したところ、貴店を見つけ、来店致しました。TrueToneを修復できるか見て頂けませんか?

iPhone修理の非正規店とお客さんの間では、しばしばこういう”言った言わない”論争が起こっています。

うちはこういうことが絶対に起きないように、必ず修理前によく説明してから、修理を受けるようにしています。

今回のお客様の端末には、コピーパネルが取り付けてありました。

可能性としては、3つ。

①画面交換せずTrueToneだけ修復:3,990円

コピーパネルではありますが、パネル側にTrueToneを書き込める器があれば修復可能。

②液晶純正パネルに交換してTrueToneを修復:35,990円

①が出来なかった場合、画面交換をして修復する。

③液晶純正パネルに画面交換してもTrueTone修復不可:0円

今回は近接センサーが正常に動いていたので、修復不可の可能性は極めて低かったですが、修復できない可能性も0ではありません。

実際に点検してみて判断させていただくお話をしまして、修復作業に取り掛かりました。

まぁもうタイトルでネタバレしてしまっておりますが、今回は①でした。

コピーパネルではありましたが、修復作業のみで復旧させることができました。


今回のお客様は、パネル自体の品質には特に不満は持っていないようで「とにかくTrueToneを復旧させたい」というお気持ちが強かったようです。

ですので、今回は復旧作業のみ、3,990円を頂戴して終了となりました。

お客様は35,990円払う覚悟でご来店されていたそうで、それが3,990円で済んだので、とても喜んでおられました。

想像の1/10の費用で済みましたからね(笑)。

ご利用誠にありがとうございました^^


今日はiPhoneXのコピーパネルに関して、少し補足しておきます。

iPhoneXのコピーパネルは、一般的に2種類あります。

LCDというものとOLEDというもの。

日本語に直すと、LCDが「コピーパネル」でOLEDが「有機ELコピーパネル」。

まだ若干日本語になっていないですね。笑

簡単に言うと、LCDというのが一般的なコピーパネルで、OLEDが有機物を使用したコピーパネルなんだそうです。

iPhoneXの純正パネルには、有機物が使われています。

Q:有機ELテレビってなに?4Kとはどう違うの?

その有機物が使われているOLEDの方が原価がちょっと高いです。

今回のお客様のパネルは、OLED(有機ELコピー)でした。

修理前に「2種類のパネルがある」という説明を受けて、高い方を選んだとおっしゃっていました。

ちなみに、その際の店側のパネルの違いの説明が「海外製」と「国内製」という二択だったそうで、私は思わず「なんだそれ」と笑ってしまいました。

まぁ私は、その真偽のほどを確かめる術はありませんので確かめようもありませんが、一言、色々考えるなwと笑ってしまいました。

TrueToneの修復をご希望の方は、こちらのページをご覧になっているかと思います。

よく頂くご質問

Q 画面交換しなくてもTrueToneだけ修復してもらうことはできますか?

現在取り付けてある画面がTrueToneを書き込めるパネルであれば可能です。
ただ、「出来ない」と思って頂いていた方がいいと存じます。
そもそもTrueToneを維持出来パネルであれば、修理した時に消えていないはずだからです。
修理店によっては「TrueToneの移植装置が無いために移せない」というところもあるかもしれませんが、そういう店がTrueToneを書き込めるパネルを使用している可能性は、かなり低いです。また、これは中古端末でも同様のことが言えます。
点検してみないと判断できませんが、点検をご依頼いただく際は「画面交換の必要がある」前提でお願い致します。



という記載をしていますが、iPhoneXに限って言えば、通常のLCDコピー(1番安いパネル)でもTrueToneを修復できる可能性は高いです。

何故なら、うちの取り扱うiPhoneXのコピーはLCDなんですが、TrueToneの移植が可能だからです。

うちでのiPhoneXの画面交換修理は、コピーパネルを使ってもTrueToneは消失しません。

iPhoneXを非正規店に画面交換修理に出して戻ってきたらTrueToneが消失していた端末って沢山あると思うんですが、今回のお客様のように、画面交換せずともTrueToneが修復できるものが、今はほとんどではないかと私は感じています。

では、何故画面交換に出した後TrueToneが消失している端末が沢山あるのかというと、単純に店側の怠慢か、店がTrueToneの存在を知らないか、ではないでしょうかね。

ただ、うちにご依頼くださるお客様は、パネルの品質自体にも不満を思っているため、TrueTone修復と共に液晶純正パネルへの交換をご希望される方がほとんどではあります。

ただ、現状を考えると、多分そのまま画面交換しなくても、多くの端末で復旧できると思います。

勿論、中にはできないものもあると思うので、そこは点検の必要がありますけどね。


ちなみに、個人的な体感としては、LCDとOLEDって大した品質差はなかったです。

どちらも買って検証してみましたが、OLEDは有機物を使用しているとは言え、私は「所詮コピーだな」と感じました。

うちの液晶純正パネル、ましてや純正オリジナルとは、全くの別物です。

今回のお客様は、修理前にコピーパネルであることの説明を受けておりませんでしたので仕方なかったですが、もし、選べる段階にあって、安く修理したいのに、わざわざ数千円多く払ってOLEDを選ぶメリットが私には感じられません。

コピーパネルというものは「品質は二の次、とにかく安く修理したい」という人が選ぶものです。

そもそも、今のコピーの質は全体的に上がっています。

プロの私が見てもLCDコピーとOLEDコピーの違いを大して感じないのに、一般の方がハッキリと感じ取れるとは思えません。

私はそこに数千円の価値を感じないので、うちはOLEDは取り扱わず、LCDを「安く修理したい」方のために安く提供しています。

勿論、あくまでもこれは私個人の意見ですので、価値を感じればお金を払えばいいと思います。

感じ方は、本当に人それぞれですからね。


ということで、少し長くなりましたが、今回はこの辺にしておきます。

パネルの品質は修理店によって様々なので、修理前にはよく確認してから依頼するといいと思いますよ^^

では、本日、ご紹介させていただいたお客様、ご利用誠にありがとうございました!