【iPhone8】コピーパネル故障&ホームボタンが割れている

皆様、こんにちは!

祝日の本日、皆様はStay Homeでしょうか?

うちは朝一からiPhone8の水没「洗濯機で回しちゃった」修理をしております。

その話はまた後ほど詳しくご紹介致しますね。


とはいえ、今日ご紹介の機種もiPhone8です。

久しぶりにかなりヘビーに故障している端末でしたね。

「画面が操作できないのですが、見てもらえませんか?」と端末をお持ち込みいただきました。

お客様、ご利用誠にありがとうございました^^


では、故障状態を見ていきましょう。

今回のお客様の端末は、他店で画面交換歴があり、コピーパネルが取り付けてありました。

実際のパネルです。

このゾワゾワっとした壊れ方。

非常にコピーらしい、特徴的な壊れ方です。

持ち込まれた時には液晶がすでに故障しており、操作は不可でした。

まぁこれほどの衝撃をコピーに与えれば、そりゃ液晶が無事なわけはないですね。

むしろ「よくここまでもったな」と思うくらいです。


今回のiPhone8は、ホームボタンが壊れていました。

ホームボタンが割れているのが見えるでしょうか?

修理前からホームボタンも指紋認証も両方壊れていました。(お客様談)

iPhone7とiPhone8は、一度ホームボタンが壊れてしまうと直すことができません。

ただ、ホームボタンは使わなければいい話なので、機能的にはさして問題はないです。

問題なのは、もうひとつの症状。

iPhone7とiPhone8は壊れているホームボタンを付けていると、起動させてもりんごマークから進まないことがあります。

今回のお客様の端末はまさにその状態で、新しい画面を付け替えて起動させても、りんごマークから進みませんでした。

こういう場合、ホームボタンを外すと、問題なく進めます。


ちなみに、このパネルはコピーです。

パッと見、コピーかどうか分からないですよね。


以前何かの時に見た一般の方のブログで、中古を購入する時にコピーパネルかどうか見分ける方法として”画面の色合いが青ければコピーパネルだから、青くないかを見ると良い”とおっしゃっていた方がいらっしゃるのですが、それは間違いです。

厳密に言うと間違いではないですが、甘い。

私たちプロは、iPhoneの写真を撮影する時、画面の色合いなんていくらでも誤魔化せます。

あまりにも酷いものは無理ですが、上の写真程度の品質のコピーであれば、簡単に騙せます。

販売業者たちは勿論そんなことは分かった上で、写真上バレないパネルを選別して取り付け、撮影し、売っています。

ですので「画面が青くなければコピーじゃない」なんていうのは、甘いですよ。

ひとつの判断基準としては、悪くはないですけどね。

私から言わせると、申し訳ないですが、素人意見です。

新型コロナでもそうですが、素人は大した知識もないくせに好きに発言・発信しますが、信用には値しないので、プロの意見を聞くようにするべきだと、私は思います。


さて、話をご修理事例に戻しますね。

ホームボタンが壊れているせいでりんごループに陥り、先に進めない時には、私たちは少々荒技を使います。


ホームボタンのケーブルを切ってしまい、基盤に接続できないようにします。


画面側の、ホームボタンと基盤を繋ぐケーブルの方を切ることもあるんですけどね。

下の写真、赤い四角部分のケーブルです。

場合によっては、こっちを切ることもあります。

どちらを切るかは故障状況によりますし、お客様には、念のため「切ってもいいか?」お伺いします。


iPhone7やiPhone8では、ホームボタンは起動面でも非常に重要な役割を果たしているのが、今回の故障状況からも分かっていただけると思います。

今回のようにホームボタンが割れてもそのまま使ってしまう方は結構いらっしゃると思うのですが、そのまま使っていると、ある日突然、りんごループに陥り、そのままりんごから進まず、復元するしか無くなるということがあります。

先日「画面が映らない」とiPhone8Plusをお持ち込みいただいたことがあったのですが、この端末は、画面交換してもりんごマークから進みませんでした。

画面が割れており液晶故障を起こしていたのですが、さらにホームボタンが割れていました。

お話を伺ったところ「ホームボタンが割れて使用できない状態で、数ヶ月使っていた」とのことでしたので、これが”りんごマークから進まない”原因になっていると判断致しました。

もし、ホームボタンが壊れたら、本当は、ホームボタンケーブルを基盤からすぐに外してしまった方がいいんですよ。

ただ、勿論一般の方にはそんなことは出来ないですし、ホームボタンが壊れたくらいでは修理に出さないと思うので、そのまま使用してしまうんでしょうけどね。

ホームボタンが壊れた時点で運良くりんごループになり修理に出せれば、ホームボタンケーブルを外してもらうことが出来るんですけどね。

ホームボタンが壊れているiPhone7と8を使用している方は、こまめにバックアップを取っておくことをお勧め致します。


今回の端末は、さらに外カメラも壊れており、


バッテリーの減りもかなり早い上、裏面もバッキバキでした。

前回の修理もかなり適当でしたし、お客様自身も大切に使おうという気もないように見受けられました。

今回もコピーパネルをお選びになりましたが、こういう方の端末はまたすぐに液晶故障を起こし、修理に出すことになると思います。

でも、私は別にそれでいいと思っています。

画面交換後に、一応「コピーは耐久性が低いので、しっかりと保護してくるケースと強化ガラスを買って付けてください。」ということはお伝えしましたが、私の経験上、おそらくやってくれません。

私は、こういう方に口うるさくアドバイスする気はありません。

言っても分からないだろうし、どうせやらないと思うからです。

一方で、こういうタイプの方も民間の修理店にとっては、お客様でもあります。

だから、修理する本人が納得してれば、それでいいのではないかと思います。

そのため、私は無理に修理を勧めることはありません。

コピーが付いていようが、バッテリーの減りが早かろうが、外カメラが使えなかろうが、裏面がバキバキだろうが、本人がお金を出して修理する気がないのであれば、そのままでいいと思います。

そういう個別の修理ができることが私たちの強みでもありますしね。

ということで、今回はちょっと長めになりましたが、この辺で終わります!

本日のご修理は、iPhone8のコピーパネル故障→コピーパネルへの交換で、7,990円(税込)でした。

ご利用ありがとうございました^^